スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 1/26『ギルバート・グレイプ』

2011-01-26

拍手たくさんありがとうございます!
読んでいただけて嬉しいです(涙)
ホントに励みになっております。


本日“も”東京グローブ座参りしてきましたー。

毎度毎度ではございますが、つづきに語っております。


携帯でだーーーっと書いていますので
いつもより増して、まとまりないです~^^;

↓以下ネタバレ&個人的解釈あり↓


22日に観たばかりですが、
また進歩してたように感じました。

なんか、よくわからないけど、
この舞台を観る時はずっとドキドキしてます(^◇^;)

今日はど真ん中で観させていただいたので、すごく見やすくて。
吸い込まれるかのように、ギルバートの目を見てました☆
視線まで気をつかっているのがわかって、またまた感動(T_T)
そしてポイントは口(くち)。
【イィーー】ってやった時にエクボが出来ますよね?
あれが、たまらないんです。
今回困った時によくやるの。
かわいぃーんだけど、演技は困ってる…
はぁ~ドキドキ、ドキドキ(笑)

あと、アヒルグチもするのーーー!

顔のパーツを全部駆使して、いろんな場面や心境を表現している。
めちゃくちゃ研究してるんだなー。
すごいな。マルちゃん☆

なんとなく、本番での波に乗れていい感じになっているのが
今日はわかりました。
ギルバート本人にしか、見えないや、やっぱり。
丸山隆平は舞台上にはどこにもいないです。

私、映画版を見てないんですけど、
今日、舞台観てて、それでいいかな…と思いました。
映画版観たら舞台のギルバートに絶対会いたくなるし、
「違うー!」っていうのも思いたくない。
比べる対象ではないものの、
やっぱりどこかで比べるであろう自分が嫌なんですね。
だって、マルがインタビューでも語ってるように、
映画版を意識せず、ちゃんと丸山座長版のギルバート・グレイプが
出来てるから。

私、何を言ってるか?わかりませんねーf^_^;)
すみません…

同じものを観ているようでも
毎回感じることが違う。
たくさんの収穫がある☆

前回と今回は客席の反応もまったく違ってた!
リピーターが増えたからじゃなくて、演者さんの作為でもなく
雰囲気でこれだけ変わり、捉え方も違うんだなーって。
これが舞台の面白いところですよね☆

だから毎日でもギルバートに会いたいんですよー!←無理です。

やっぱり、二年生の教室シーンの狂ったように泣くギルバート。
アーニーに手を出してしまうとこ。
大好きです。
マルちゃんが全身全霊をかけてるから。
見せ場だもんね。
客席もグッと引き付けてる空気も感じます。
それはすごいことだよね。
ちゃんとマルちゃんもそれを感じてくれてたら嬉しいな☆

今日の発見!
お母さんに嫌いと言った後に
青白い照明がギルバートにあたりますが
その姿の美しいこと、美しいこと☆
場面にそぐわない表現ですが、キラキラと五光がさしてるように見えました。
言い過ぎ?私(笑)

今日はなんかギルバートが美しかったなー。
だけど、しっかりした胸板がTシャツ越しにわかって
1人で“ヒャッ(はぁと)”ってなったり…バカ。

とにかく…無理矢理まとめると。
今日ももっともっとマルちゃんが好きになりましたっ!!

theme : 丸山隆平
genre : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

簡単ですが・・・

mami

Author:mami
丸山隆平すぎるブログ☆

何書いても
行き着くところは
「丸山隆平」です♪

たまに仕事のことも。

どーぞよろしく。

エントリー&コメント
話題別
一番書いた月は?
いらっしゃい!
リンク
エイトはあるかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。